So-net無料ブログ作成

東京都 千代田区 の 出産育児一時金 の手続き方法について [東京 出産育児一時金 手続き方法]

お子さんを出産する際に、国から支給されるのが
出産育児一時金という制度です。

地域によってその受け取り方法がちがう場合もあるので
ここでは、東京都 千代田区の手続き方法について明記したいと思います。

まず
出生児1人につき42万円を支給します。(妊娠85日以上の死産、流産を含む)

支給を受ける方法として2つの制度があります。
どちらの制度を利用するかについては医療機関にご確認ください。

また、③これらの制度を利用しないで区に請求する方法もあります。

①【直接支払制度】
区が医療機関等に直接「出産育児一時金」を支払うことにより、
世帯主は出産費用から42万円を差引いた額を、医療機関等で支払えばよい制度。

出産費用が42万円未満で納まった場合は、その差額を区に請求できます。
①を利用する場合には、医療機関等へ直接申込みます。

②【受取代理制度】
事前に世帯主が区に申請することで、
区が直接 医療機関等へ「出産育児一時金」を支払うことにより、
出産費用から42万円を差引いた額を医療機関等で支払えばよい制度です。

出産費用が42万円未満で納まった場合、その差額を区に請求します。
なお、区内の医療機関等でこの制度を利用できません。
区外の一部の医療機関でのみ利用できます。
詳しくは、医療機関等にお問い合わせください。

③【上記の両制度を利用しない場合】
出産後に区に申請することにより、世帯主に「出産育児一時金」を支払います。
申請してからお支払いするまで、1ヶ月程度かかります。

いずれにしても、詳細の確認は
直接、区役所に行っていただくか、千代田区役所国民健康保険係にお問い合わせするとよいでしょう。
nice!(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。